マルシェ 紹介記事

千葉県佐倉市 bakery bambooさんに伺いました!

更新日:

今回は、佐倉市王子台3丁目 臼井駅南口から徒歩3分のところにあるパン屋さん「bakery bamboo」におじゃまして、代表の小池仁美さんにお話しを伺いました。

‐パン屋さんになったきっかけは?

もともとは建築士になるのが夢でした。
建築士になるために大学を受験しましたが、見事不合格(笑)。勉強もさほどしていなかったので、当たり前なんですが。。。
別の大学に進学しましたが、もともとやりたかった勉強ではなかったので、思い切って学校を辞めて「自分探しの旅」に出ることを決意しました(笑)
当時は、今と違って景気も悪く、就職先を選べない時代でした。
いろいろ悩んだ結果、手に職をつけることが、自分を豊かにすることなんだと考えました。
ある日、求人誌を眺めていたとき、パン屋の正社員募集の記事が目に止まった瞬間に「私の仕事はこれだ!」とひらめきました(笑)
やってみたら、とても奥が深くて面白いので、今まで約18年間、パンを作る仕事に携わっています。

‐その会社にはどのくらい勤めたのですか?

一年くらいで辞めました(笑)。
一緒に働いていた先輩が転職することになり、その先輩からスカウトされ、一緒のパン屋に転職しました。

‐自分でお店を出そうと思い始めたのはいつ頃ですか?

今から3~4年ほど前ですね。
それまでは、パン職人としての腕を磨きたいという気持ちがとても強かったんです。
きっかけは、転職した会社でエリアマネージャー的な仕事を任され、「店舗運営」にとても興味が湧きました。

‐「bakery bamboo」という店名の由来は?

竹(bamboo)って、しっかりと根を張ることで、太く長い幹を支える基盤をつくっていますよね。
地域やまちに根付いて商売がしたいと思い、この名前にしました。
強風が吹いても倒れない。竹のように頑張っていこう!という思いもあります。

‐bakery bambooのこだわりを教えてください

私自身が好奇心旺盛なこともありますが、新しい商品、四季にあった旬な食材を使った商品を創ることを心掛けています。
お客様に来店の機会を増やしていただくためにも、常に新しい商品を作り続けていきます。

‐小池さんの趣味は?

野球観戦です。 千葉ロッテマリーンズのファンです!
もう3~4年は球場に足を運べていませんが、いつも気になってスマホをチェックしています。
来年は球場で応援することが私のプチ目標です(笑)

‐お店をはじめて嬉しかったことは?

会社に属していると、決められた商品やレシピがあるので、なかなか自分なりにこだわったパンを創ることはできません。
ですから、自分で商品を開発できることが楽しいですし、また、こだわって創った商品について、お客様から直接評価をいただいたときはとても嬉しいですね。

‐これからのbakery bambooをお聞かせください

先ほども話しましたが、新しい商品、四季にあった旬な食材を使った商品をこれからも創り続けていくことです。
お客様があってのお仕事なので、職人が陥ってしまいがちな自己満足にはならないよう、商売人としてお客様に喜んでいただけるお店創りをしていきたいと考えています。

bakery bamboo

佐倉市王子台3丁目6−3 ※お店の右隣に駐車場完備です
043-309-4181
https://bakery-bamboo.business.site/

編集後記

bakery bambooの小池さんは、写真のとおり、とても明るくて飾らないステキな方でした。
少し照れ屋なところもありますが。。。(笑)
先日の夏祭りでは、お店がお休みにもかかわらず、パンを提供していただき、また子供たちとも遊んでくださりありがとうございました。
私が小池さんに惹かれるところは、いつも「謙虚」であるところです。※ウエから目線ですみませんm(__)m
私は、経営者にとって一番大切な資質は、常に「謙虚」であることだと思っています。

これからもココプロをよろしくお願いします!
ちなみに私のおススメは、ちょっと大人のカレーパンと絶妙なコラボのあんバターです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

わたなべさん

株式会社SAKURAパートナー代表取締役で、ココプロのボス。 地域の皆さんの繋ぎ役として、安心で豊かな居場所を作っていけるように頑張っています!

-マルシェ, 紹介記事

Copyright© 千葉県佐倉市地域応援ココプロ , 2019 All Rights Reserved.