紹介記事

千葉県山武市 サンバファームさんに伺いました!

更新日:

サンバファームさんは、千葉県山武市にあり、無農薬で年間100品目の野菜を栽培している農家さんです。
「飲食店で使う野菜」、「一般家庭向け野菜セット」、「生姜・野菜加工品」をお届けしています。
本日は、代表の松下信也さんにお話しを伺いました。

-農家を始められたのはいつ頃ですか?

この4月で8年目を迎えました。
就農するまでは、岩手の大学を卒業後、埼玉で就職してエンジニアとして働いていました。

-へーそうなんですか。なぜ農家をやろうと思ったのですか?

結婚して子どもが生まれてから食べ物に興味が湧いてきたのがきっかけです。
その他にも、「モノづくりがしたい」、「外で仕事がしたい」という気持ちもありました。

-なぜ、この山武市で就農されたのですか?

海が近くにあるところがいいと思っていました。沖縄、佐渡島なども候補として考えていました。千葉の館山にも行きましたが、やや東京から遠いなと(笑)。もう少し都内から近い方がいいと思って山武を選びました。
あとは、有機農業がやりたいと考えていましたので、山武は有機農家も多く、また新規就農されている方も多いので、やりやすそうなイメージがありました。
山武市内の2軒の農家で研修生として働き、経験を積ませていただき、師匠にも大変恵まれ、おかげさまで市内の空いている畑と家と借りることが出来ました。

-今の直売やSNSを活用した事業スタイルにされたのはいつ頃ですか?

サンバファームを始めて3年目から直販を始めました。
理由としては、スタッフが少ないので、野菜の量を作ることが難しかったことがありました。
また、生協などの大手宅配業者は月曜日から配送が始まるので、農家は野菜の出荷で金曜から週末にかけて忙しくなりますので、そうなると子どもと触れ合う時間が少なくなってしまうということもありました。
もともと、家族の時間を増やすために自営業を選んだこともあるので、今のような直販スタイルになりました。

-この仕事をやっていてよかったなと思うことは?

先ほども話しましたが、まず、外で仕事出来ていることが幸せです。気持ちいいですよ(笑)
自分の時間も自由に使えるところもそうですし、もちろんお客様から直接美味しいという声を頂けることも嬉しいです。
そして何よりも美味しい野菜に囲まれていることが幸せですね。
人と人との間で仕事をしているとストレスも多いですが、私は、野菜と人の間に挟まれているので、ストレスが少ないですね(笑)

-研修生の方がいらっしゃいますが

研修生の方は、私のSNSやホームページを見て応募してくる方が大半です。それぞれの皆さんが希望する時間の中で研修していただいています。
研修生の方には、できるだけ作業にとらわれないよう心がけています。
私の経験は大したことはありませんが、農家のやりがいや楽しさをお伝えできればと思っています。
また、いろんな農家さんを経験して新規就農を目指していただきたいですね。

-サンバファームのこれからをお聞かせください

聞かれていつも困る質問です(笑)
農業を軸にすることは間違いないです。
ただ単に野菜を作って売るというだけではこの先立ち行かなくなるので、いろんな人と出会い、コラボして新しい価値を創造していきたいと考えています。

編集後記

サンバファームの松下さんとお話ししていると、こちらもパワーをいただけます。
松下さんとの出会いは、「山武ごはんフェア」という山武市のイベントに出展されている際にお会いしたのがきっかけです。
いつも充実感に満ち溢れていて、まさに「自己実現に向かってまっしぐら」といった方です。
先日もサンバファームさんの野菜を提供していただき、料理イベントを開催しましたが、参加者の皆さんには大好評でした。
サンバファームには、普段スーパーではお目にかかることのない野菜が豊富にあります。
一方で、年間100品目を生産するという裏側には、松下さんの緻密な業務スケジュールがあります。
あと驚いたのは、週末は休日ということでした。残りの限られた時間をやり繰りしてこのような美味しい野菜を生産されているというのは、新しい農家の事業スタイルだと感じました。
今後ともよろしくお願いします!

サンバファームさんのホームページはこちらから!
http://www.sanbafarm.com/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

わたなべさん

株式会社SAKURAパートナー代表取締役で、ココプロのボス。 地域の皆さんの繋ぎ役として、安心で豊かな居場所を作っていけるように頑張っています!

-紹介記事

Copyright© 千葉県佐倉市地域応援ココプロ , 2020 All Rights Reserved.